スロットの機械割ってなに?実際に1日回して得られる枚数を計算!

スロットの機械割ってなに?

スロットをやってる人なら勿論聞いたこと・見たことがある機械割。

でも機械割って結局どういうことなのかを理解できているでしょうか?そんな機械割を詳しく説明してみたいと思います。

スロットの機械割ってなに?

機械割の計算方法を紹介したいと思います。

(払い出し枚数 ÷ 投入枚数) × 100 = 機械割

です。

  • 払い出し枚数 = スロット台から払い出しされたメダルの総数
  • 投入枚数 = スロット台に投入したメダルの総数1回転3枚で計算します

機械割が良いと1日で得られる枚数が多いってこと?

その認識で間違いありません!実際に機械割から得られる枚数を計算してみましょう。

機械割の計算方法を利用して、機械割から1日のメダル獲得枚数を逆算することができるので、今も大人気のバジリスク絆設定6の機械割で計算してみましょう。

1日のメダル獲得枚数の計算式は
(機械割 ÷ 100)× 投入枚数 = 払い出し枚数
になります。

ここにバジリスク絆設定6の機械割119.2%と8000回転回す事想定して、8000回転 × 3枚 の24000枚を投入枚数に入れて計算してみます。

(119.2% ÷ 100)× 24000枚 = 28608枚

ここから払い出し枚数 – 投入枚数を計算すれば、
バジリスク絆設定6を8000回転回した時に得られる枚数が算出できます。

28608枚 – 24000枚 = 4608枚

なので、バジリスク絆設定6を1日(8000回転)回すと、平均して4608枚のメダルが手に入る事になります。等価であれば、92,160円にもなるので、そりゃ血眼になってバジリスク絆の設定6を探しにいきますよね。

ただし1日で考えると機械割通りに出るとは限らない

ただし1日で考えると機械割通りに出るとは限らない

注意していただきたいのが、機械割というのは数十万~数百万回転の試行結果から出た平均値ですので、バジリスク絆設定6を1日回したからと言って確実に92,160円手に入るという訳ではないことです。

引きが相当悪いと負ける事すらありえます。しかし、機械割は試行回数を増やせば増やす程、その値に収束していくものなので安心しましょう。

100万回転回せば、大体機械割通りの数値になると言われています。

ちなみにバジリスク絆の設定6を100万回転回した時の得られる枚数は、576000枚です。等価交換だとすると11,520,000円にもなります!

朝一から閉店までフルウェイトで回せば1万回転くらいは回せるので、100日間バジリスク絆を朝一からぶん回せれば1千万強の金額が手に入る計算になります…。
流石現行機TOPクラスの機械割ですね。