仮想通貨リップル(XRP)の上がり方が尋常じゃない

仮想通貨リップル(XRP)の上がり方が尋常じゃない

HYIPをやっている人であれば、CoinCheck等の仮想通貨を売買できるアカウントを持っていると思います。

基本HYIPをやる時はBitCoinを使うので知らない方も結構いるかもしれません。

皆さんリップル(XRP)という仮想通貨を知っていますか?

今このリップル(XRP)が尋常じゃない値上がりを見せています。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)は、HYIPでおなじみのBitCoinと同じ仮想通貨の1種です。

XRPは、リップルの通貨単位です。

Jed McCalebが率いるシリコンバレー・スタートアップ OpenCoin が開発しました。
Jed McCalebは東京のBitcoin交換取引所Mt.Goxを作った人物でもあります。

そしてGoogleが出資している仮想通貨と言う事で、リップルは非常に人気になってきました。

リップル(XRP)の値上がり方

まずはこのグラフを見ていただきましょう。

リップル30日チャート

グラフを見て分かるように異常な値上がりをしています。

4月28日までは1XRPが4円になるかならないかをずっと繰り返していました。

しかし、4月28日を境に値上がりを始め、現時点の1XRPは15円に届くほどです。

そんなリップルも最初の頃は1円未満で買えていました。しかもたった2か月前までは。

リップル年間チャート

そうなんです。リップルが異常な値上がりを始めたのは、たった2か月前からなんです。
ちょうど2か月前の3月7日では1XRPが0.7円で買えていました。

この2か月間で1XRPの価値は約20倍にまで跳ね上がった事になります。

リップルの時価総額も5000億円にまで上がっています。

他の通貨に比べ、時価総額がかなり高いのに1XRPに対する単価はまだまだ低いです。

一説には100円台も余裕で超えていくのではないかとまで言われています。

リップル(XRP)のまとめ

これからの動向次第ですが、この上がり方を見る限りまだまだ上がってもおかしくありません。